中学生はバストアップクリームを塗ってもいい?

バストアップクリームは成長の妨げになる?ならない?

中学生になると、生理が始まる子が急に増えたり、今まではあまり気にしていなかった胸も少しずつ膨らみ始めて、ブラジャーを着けはじめる子もいますよね。


どうして中学生になると胸は大きくなるの?


それは、第二次性徴(だいにじせいちょう)というものが始まって男女の差が出てくるからです。


第二次性徴(だいにじせいちょう)って?

思春期に起こるのが第二次性徴。男性ホルモンや女性ホルモンといった性ホルモンの分泌が活発になります

すると、女子では徐々に胸が膨らみだしてきます。

この第二次性徴は、個人差が大きいと言われており、胸の成長具合も人によって様々

体重や身長に個人差があるのと同じことなんですね。

第二次性徴では性ホルモンの分泌が活発になります

中学生はバストが大きく成長する大切な時期です。

さらに周囲との体の違いを比較してしまうことが多い時期になります。

自分のバストは他の子に比べて小さいと悩む女の子も増えてくるのです。

バストを大きくしたいので、バストアップサプリやバストアップクリームを摂取したいと考える子も増えてきます。


中学生がバストアップサプリやクリームを摂取するのは、危険ではないのでしょうか?


その答えは…

  • バストアップサプリの摂取は危険
  • バストアップクリームは使用できるケースが多い

では、どうしてサプリメントは危険なのでしょうか?

つぎにバストアップサプリの危険性について詳しく見ていきましょう。


中学生にとってバストアップサプリは危ない?

たくさんのバストアップサプリには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌を助ける働きがあります。

思春期のホルモンバランスは、先ほどお話したように不安定な場合が多いので、バストアップサプリを摂取するとホルモンバランスが乱れてしまう危険性があるんですね。

そこで、中学生など成長期の女性にはバストアップクリームを使用したマッサージがおすすめ。

バストアップクリームはバストアップサプリに比べると副作用が全くないので安心ですよ。

なので、女性ホルモンの分泌が活発な中学生が、使用しても特に問題がないんです。

ホルモンバランス不安定なので JCはバストアップクリームで育乳しましょう

バストアップクリームを塗ってバストマッサージを行えば、血行がよくなりバストへ栄養が届きやすくなります。

また乳腺の発達が活性化されるので、乳腺の周りに脂肪細胞がついてバストアップにつながります。

中学生など胸が成長する時期に適切なバストアップケアを行っておけば理想的なバストに近づくのです。

中学生はサプリよりクリームが良い


中学生の正しいバストアップケア!

中学生は思春期で第二次性徴期がはじまります。

エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌が活性化されており、バストが成長する時期でもあります。

しかし人によってバストの成長がゆっくりの場合もあり、胸が大きい友達と比較してしまうことも。

なんとかバストを大きくしたいと悩む女子中学生も増えています。

思春期の女の子でも安心して使用できるバストアップクリームも販売されていますよ。

ホルモン分泌が活発で、ホルモンバランスが不安定な中学生の間は、女性ホルモンの分泌をアップさせるサプリは使用できません。


では、どのようにしてバストアップケアを行えばよいのでしょうか?


今回は中学生の正しいバストアップケアについて考えてみます。


食生活の改善

まずは食生活の改善です。栄養がバストにきちんと届かなくてはバストの成長にはつながりません。

太ることを気にして過度なダイエットをする中学生がいますが、これは厳禁。

過度のダイエットをするとバストアップに必要な栄養素が不足してしまいます。


またホルモン分泌も低下してしまうので胸は大きくなりません。

良質のタンパク質や脂質、炭水化物をしっかりと取って、バランスのとれた食事を心がけるようにしたいですね。

また生理前には、毒素を排出するデトックス効果の高い豆類、納豆や豆腐、豆乳などを積極的に摂取してみてくださいね。

乳製品には、バストアップに有効なタンパク質も豊富です。 バランスのとれた食事の心がけが必要


ナイトブラ・ジュニアブラ

中学生のバストアップケアの方法として、ナイトブラジュニアブラの使用があります。

胸を圧迫し過ぎると、バストへの血流が滞り、バストの成長を妨げてしまいます。

胸が完全に成長するまでは、ワイヤー入りの大人用ブラジャーよりもジュニアブラの方が適しています。

また夜寝る時も、バストを支えてくれるナイトブラを着用して寝ると、理想的な美しいバストを作ることができます


中学生には大人用よりジュニアブラがおすすめ


睡眠時間

また睡眠の確保も重要なバストアップケアの1つ。

女性ホルモンや成長ホルモンなどは、私達が寝ている間に多く分泌されています。

特に22時~2時はゴールデンタイムと言われており、1日のうちで最もホルモン分泌が活発な時間帯です。

この時間に起きていると、ホルモンの分泌が少なくなりバストが育ちません。

夜更かしをせずにしっかりと睡眠時間を確保しましょう。

リズムのある規則正しい生活も大切。早寝早起きをして健康的な生活を送ることは、バストアップにつながりますよ。

ホルモン分泌が活発な時間の睡眠は大事


運動

中学生のバストアップケアの1つに適度な運動もあります。

バストアップするためには胸を支えている大胸筋を鍛える必要があります

大胸筋を鍛えるためには、腕立て伏せなど軽いトレーニングや運動が望ましいです。

運動をして筋肉を付けることで、胸を支えているクーパー靭帯の保護やバストアップにつながりますよ。

もう一つ大切なことは、あまり 胸を揺らさない ということ。

体育の時間や体育祭の練習など、学校では走る機会がたくさんあると思います。

その時に、しっかりとスポーツブラなどをしてあまり胸を揺らさないように対策しましょうね。

腕立て伏せなど軽いトレーニングが最適


バストアップクリーム

バストアップクリームは、思春期の中学生でも安心して使用できる必須アイテム

バストアップサプリとは違って、女性ホルモン分泌を促進させる成分を、体内に直接摂取しないので副作用がなく安全です。

バストアップクリームはバストアップ効果のある成分が含まれているクリーム。

バストアップクリームの有効成分が皮膚から徐々に浸透していくので、副作用が少なくマイルドな効果が期待できますよ。

バストアップクリームを塗って、バストアップマッサージをすれば乳腺の発達を促進でき、理想的なバストへ近づけます。

中学生のバストアップケアは安全性の高いバストアップクリームなどの方法を選んで行うようにしてください。

≫人気ランキングはこちら


思春期の中学生でも安心して使用できる


知らないと怖い!バストアップケアの落とし穴

胸が小さいことがコンプレックスという女性は少なくありません。

バストは女性の象徴とも言える部位であり、バストを大きくしたいと考える女性が多いのです。

悩める女性の為に、バストアップサプリバストアップクリームなどバストアップ効果が期待できる商品は、数多く販売されています。

しかしバストアップケアを 自己流で行っても、全く意味がない 場合があります。

むしろ逆効果を与えてしまうことも。

きちんとバストアップ方法を知っておくことは重要です。今回は知らないと怖い、バストアップケアの落とし穴について考えてみます。

バストアップケアの落とし穴


ブラジャー

バストを支える下着であるブラジャーはバストアップと密接な関係があります。

自分のバストの大きさにあったブラジャーを付けていないとバストが小さくなることもあるのです。

バストサイズよりも小さめのブラジャーを付けていると、バストを締め付けていることになるので血行不良になります。

血行不良になると、乳腺の成長に必要な栄養素がきちんと届けられなくなるのです。

逆に大きめのブラジャーを付けていると、バストが横に流れてしまうためサイズダウンするケースも。

ブラジャーを選ぶ時はきちんとアンダーとトップのサイズを測り、バストにしっかりとフィットするものを選ぶ必要があります。

また夜はノーブラではなく、締め付けの少ないナイトブラの着用をおすすめします。

特に中学生など思春期は、バストが成長する時期なので胸の締め付けは気を付けましょう。


ダイエット

無理なダイエットも、バストアップを妨げる要因になります。

中学生など思春期の頃はホルモンバランスの影響から太りやすく、太ることを気にする子が多いです。

思春期に太りやすい体質になるのは女性ホルモンのエストロゲン分泌が活発な証拠です。

でも、やっぱり女の子は痩せたい願望もありますよね?

そこで過度の食事制限などをして無理なダイエットをしがちです。

無理なダイエットを続けていると、体内では栄養不足の状態になるため、胸の成長に必要な栄養素が確保できなくなるのです。

また過度なダイエットは、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌を低下させてしまう原因にもなります。

バストアップには女性ホルモンの分泌は欠かせませんので、ホルモンが少なくなればバストは大きくなりません。

無理なダイエットをして痩せるのではなく、バランスの摂れた食事と運動を心がけたダイエットがおすすめですよ。


運動不足

運動不足もバストアップには良くありません。

なぜなら胸には、バストを支える大胸筋が備わっているからです。

大胸筋は、バストの土台ともいわれる部位であり、この大胸筋を鍛えることでバストアップにつながります。

大胸筋を鍛えるには適度な運動が理想的です。

縄跳びやジョギングなど、バストを大きく揺らす運動はやり過ぎに注意

バストを大きく揺らしてしまうと、クーパー靭帯を傷めてしまうため胸が垂れやすくなります。

一度伸びたり、痛めたクーパー靭帯は元に戻すことができないので、胸が垂れてしまい理想的なバストの形を維持できなくなります。


バストアップクリームの使い方

またバストアップクリームの使用方法も、重要なポイントになります。

バストアップクリームは適当に塗って、マッサージをすれば効果が出ると考えている人がいますが、そんなことはありません。

バストアップクリームを使用してむやみに胸を揉んでも大きくはならないのです。

バストアップクリームでマッサージをする場合は、バストの成長を促進するツボを意識して行うのがおすすめです。

またシャワーやお風呂上りに使用すると、さらに効果が高まります。

お風呂上りは血行が良くなっているので、バストアップクリームを塗ってマッサージをするとさらに血行促進につながります。

さらに夜寝る前にマッサージを行えばリラックス効果もあり良質の睡眠ととることができます。

睡眠の質が良くなれば、女性ホルモンの分泌もアップしますよ。

胸をむやみに揉みすぎてしまうと、基礎代謝が高まり、脂肪燃焼を促進させてしまうことも。

バストは乳腺と脂肪組織で構成されていますので、脂肪が燃焼するとバストが小さくなってしまうのです。揉みすぎにはくれぐれも注意してくださいね。


マッサージ

またバストマッサージをする時には、下方向から上向きに持ち上げるようにマッサージをしていきます。

バストの垂れを防ぎ、上向きの理想的な形に近づきます。

さらに外側から内側に寄せるようにマッサージすれば、胸の谷間が出来やすく、背中へバストが流れないようにしてくれます。

バストアップマッサージをする際は、リラックスした状態でバストは絶対に大きくなるとポジティブなイメージを持つことで、脳を信じ込ませることができます。

普段からボディークリームなど、あまり使ったことがないから面倒だなという人もいるかもしれません。

マッサージしながらのバストアップケアも、少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、ボディークリームを使用してマッサージをしていると考えて気楽にはじめてみましょう。

バストアップケアはやり方を間違えると大きな落とし穴がある場合も。正しい方法を理解しておくことが重要です。

こちらのページに、安心で効果の実感が高いラ・シュシュという人気クリームの詳細をまとめてみました。バストケアに興味のある方は、参考にしてみてくださいね。

ラ・シュシュの詳細情報 ≫
ラシュシュの効果と詳細情報




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る