正しいバストアップクリームの塗り方

あなたの塗り方は大丈夫?

バストアップクリームはバストが小さいことをコンプレックスに感じている女性にとって夢のようなアイテムです。



バストアップクリームを塗るだけでバストにハリや弾力が出てくるのですから、使わないと損ですよね。

バストアップクリームを使用すれば、すぐにバストが大きくなると勘違いしている人がいますが、そうではありません。

バストアップクリームには即効性はあまり期待できませんし、

塗り方が重要になってくるのです。

ただ闇雲に塗っているような塗り方では、思ったような効果は期待できない場合が多いですし、効率的ではありません。



バストアップクリームは通常のボディークリームよりも値段が高い商品が多く無駄になるのは勿体ないですよね。

せっかくバストアップクリームを使っているのですから最大限の効果を期待したいと考える女性は多いです。今回は効率的ではないバストアップクリームの塗り方をご紹介します。

まずはクリームを塗るタイミングです。お風呂に入る前にバストアップクリームを塗ってマッサージをする人がいます。

この塗り方は間違いです。

バストアップクリームにはバストアップに効果的な有効成分がたっぷりと含まれています。この有効成分は肌に塗ると、徐々に浸透していきます。

しかしお風呂に入ってしまうとその有効成分は全て流れてしまい水の泡になってしまうのです。塗り方や塗るタイミングには注意しなければなりませんね。

またバストアップクリームを大量に塗って肌がべとべとになってしまったという人もいます。

この塗り方もNGです。

バストアップクリームの使用量の目安は商品によって異なりますが、べとべとになるまで塗るのは明らかにおかしいです。

適量を手にとって、薄く伸ばしていけばベタつくことはありませんよ。

さらにバストアップクリームを塗ると滑りがよくなるので、ついついマッサージに力が入ってしまうことがあります。



しかしこの塗り方ではバストを揉みすぎてしまう為、かえってバストがしぼんでしまうケースも。

バストは乳腺と脂肪細胞から構成されています。力を入れ過ぎてマッサージをすると、脂肪燃焼につながってしまうのです。



つまりマッサージはバストアップに効果的なはずなのに、マッサージをした結果、胸が小さくなり逆効果になる可能性があるのです。

脂肪燃焼を促進させない程度の優しい力加減でマッサージをすれば、効率的にバストアップを行うことができますよ。

間違ったバストアップクリームの塗り方



効果的なクリームの塗り方

前回は効率的ではないバストアップクリームの塗り方をご紹介しました。今回は効果的なバストアップクリームの塗り方について説明していきます。

せっかくバストアップクリームを使ってバストアップしようと試みているのですから、効果的な塗り方を知っておくことは重要です。

闇雲に塗っても意味はありませんよ。

効果的なタイミング

まずは塗るタイミングですが、朝と夜寝る前の1日2回行うのがベストです。時間的な余裕がないという人は就寝前の1回でもかまいません。



バストアップクリームの商品によって使用方法も若干異なってきますので、きちんと確認しておくことが重要です。

バストアップクリームを使用する時には、マッサージも同時に行うことで相乗効果が期待できます。



クリームは少しずつ肌に乗せてゆっくりと伸ばしていきます。手のひらに乗せて体温で温めてから塗っていくと、さらに浸透力が高まります


基本的な塗り方

まずはバストの下の方から上の方へ向かって、バストを持ち上げるような感覚で塗っていきます。

またバストの外側から内側に塗ると、バストが中央により谷間が出来やすくなりますよ。

くれぐれも上から下に向かって塗ったり、内側から外側にかけて塗ったり、間違った塗り方をしないように気を付けてください。



下に向かって塗ると、バストが垂れるなどの老化がさらに進んでしまいます。外側に押し流すように塗ると、バストのお肉が背中の方へ流れてしまうので 要注意 ですよ。

バストアップクリームの塗り方は「下から上」と「外側から内側」が基本の塗り方です。この塗り方以外にも塗る時の力加減もポイントになります。



バストアップクリームをバストに塗る時、あまりに力を入れ過ぎてしまうと、バストの脂肪を燃焼させてしまうことがあります。

バストはその大半が脂肪組織で作られているので、力を入れ過ぎて揉んだり、マッサージをしたりすると胸がしぼんでしまいます。



脂肪が燃焼するくらい力強くマッサージするのではなく、優しく痛みがない程度の力加減にするようにしたいですね。


マッサージのポイント

またバストアップクリームを塗ってマッサージをする場合には、ワキ下、デコルテも一緒にマッサージするとよいですよ。



ワキ下やデコルテ部分にはリンパ管が通っているので、リンパの流れがスムーズになりよりバストアップにつながります。

バストアップクリームの正しい塗り方は清潔な状態の肌に塗ることです。汚れていたり、濡れていたりすると、きちんとバストアップクリームの効果が期待できないこともあるのです。



バストにクリームを塗り込む時は、乳腺マッサージをしながら肌になじませていきます。

乳腺マッサージを行うと、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌が促進され、バストアップしやすくなりますよ。



さらに正しい塗り方でバストアップクリームを使用した場合、大胸筋などバスト全体の血行促進にもつながるのでおすすめです。


効果的なバストアップクリームの塗り方



おすすめの塗るタイミング

バストアップクリームの塗り方について説明してきましたが、塗り方だけではなく、塗るタイミングも非常に重要になってきます。



バストアップクリームには薬のように、いつ使用すればよいといった明確な決まりはありません。

そのためいつ塗っても問題はないのですが、やはり最も効果が期待できるタイミングで塗った方が効果は現れやすいです。

塗り方だけではなく、タイミングにもこだわりたいですね。

バストアップクリームの塗るタイミングは、

シャワーや入浴後がおすすめ。

シャワーや入浴後の肌は体が芯まで温まっているので、血行が非常によい状態です。

血行がよい状態で肌に有効成分を浸透させると高い効果が期待できますよ。

血行が良くなると、食事から摂取した栄養もきちんとバストへ届けられるようになるので、バストの成長促進につながります。

特にシャワーよりも湯船につかった場合、体がしっかりと温まっているので、血行促進、新陳代謝の活性化につながります。



さらにお風呂でしっかりと温まった肌は毛穴が開いている状態になるのでバストアップクリームの有効成分が肌に浸透しやすくなるのです。

お風呂上りにバストアップクリームを塗ってバストマッサージを行えば、みるみるうちにバストにハリを感じるようになるでしょう。

しかしバストアップクリームは1回使用したからといってすぐに胸が大きくなるわけではありません。




すぐに効果が出ないからといって諦めるのではなく、継続して毎日使用することが重要なのです。

塗り忘れをなくすためにも、毎日決まった時間にバストアップクリームを塗ってマッサージをするとよいですね。

お風呂から上がって夜寝る前に、バストアップクリームを塗ってマッサージをすれば、クリームの香りに癒されます。

またクリームの気持ちよさからリラックスした状態になれるはずです。

夜寝る前に、リラックスした状態になれば、睡眠中に分泌される女性ホルモン量もアップしますし、バストアップしやすくなりますよ。

いかがでしたでしょうか?

バストアップクリームの正しい塗り方やマッサージ手順を知っておけば効率的にバストアップ効果が期待できるはずです。



理想のバストの形を手に入れるためにも、毎日の努力は欠かさずに行うようにしたいですね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る