バストアップクリームの副作用と安全性

バストアップクリームの副作用と安全性

このページではバストアップクリームの副作用と安全性について見ていきたいと思います。

「バストアップクリームは安全なの?」

バストアップクリームの使用を考えている人は、一度はこの疑問を抱いたことがあるのではないでしょうか。

そこで、このページでは以下の内容を紹介していきます。
  • 副作用について
  • 安全性について
  • パッチテスト
  • コールセンターの有無
  • 口コミの結果

副作用はあるの?

結論から言うと、バストアップクリームを使用しても副作用はほぼ見られません。

バストアップサプリ

2200件のバストアップサプリの口コミをひとつひとつ見て集計しましたところ、生理不順、不正出血、肌荒れ、体調不良などの副作用が出ている人は19.5%でした。

約5人に1人です。

ただし、この中には「ニキビができたけど胸が大きくなった」という意見も含まれていますので、全てがマイナスの口コミ評価だったわけではありません。


バストアップクリーム

一方バストアップクリームは当サイトでも紹介していますが、副作用が出たという口コミをしたのが216人中1人。わずか0.4%です。

その副作用が出た人は「湿疹ができた」という口コミでした。肌の弱い人、アレルギー持ちの人はいますので、特定の商品が肌に合わないというのは化粧品を使っていればよく起こることです。

ボルフィリン

塗布箇所の脂肪を増殖させるという「ボルフィリン」の配合されたバストアップクリームは注意が必要です。

素手でバストにクリームを塗り、手を洗わずにそのまま放置して手の脂肪が増えてしまう、という可能性があります。

実際はそうした口コミは見られませんでしたが、成分の特性上、注意はしておきましょう。


安全性は?

上記より、バストアップサプリを使用するよりも安全性は格段に高いです。

しかし、望める効果は反比例して、バストアップサプリよりバストアップクリームの方が低いです。

安全性が高いとは言え、口コミがどこにも見当たらない商品、「2週間でA⇒Eカップに!」といった誇大広告ともとれる商品、安すぎる商品などは避けた方が無難です。


パッチテスト

肌の弱い人に限らず、初めて使用する商品の場合、パッチテストをすることをおすすめします。二の腕に塗って1日放置したり、3日連続で二の腕に塗ってみたりすると、そのバストアップクリームで肌荒れが起きるかどうかは判断できます。

肌の強い人でも、配合されている成分によってはアレルギー反応が起きる場合があります。例えば、有名バストアップ成分のプエラリア。

このプエラリア・ミリフィカはマメ科の植物なので、芋アレルギーや豆アレルギーを持つ人は副作用が起きる可能性があります

まずはパッチテストで自分に身体に合っているかを確かめてから、本格的に使うことをおすすめします。

初めて使用する商品の場合、パッチテストで自分の体質に合うかを見てみるのがよいです


コールセンターへ電話

コールセンターが設置され、相談のできる商品は安全性・信頼性が高いです。

購入前に不安に思っていることなどを、実際に電話をして聞いてみると良いでしょう。

ほとんど副作用の心配がないバストアップクリームですが、万が一のことを考え、相談できる先があるというのは心強いものです。

コールセンターがあり、相談のできる商品は安全性・信頼性が高いです。


口コミの結果

口コミを集計してみたところ、副作用の口コミをしている人が1人しかいませんでした。

バストアップサプリに比べても格段に安全性が高く、副作用の心配は低いと言えます。

普通のボディクリームで肌荒れする人もいるので、それくらいのリスクはあるという認識でいましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る