妊娠中・授乳中のクリームの使用

バストアップクリームは赤ちゃんに影響を与える?与えない?

バストを大きくしたい人に人気のバストアップクリーム

バストアップに有効な成分がたっぷりと配合されているのでバストに塗るだけで簡単にバストを大きくすることができます。

バストアップクリームは20代~30代の女性から多くの支持を得ているアイテム。

また主婦層にも人気があるのです。妊娠中、授乳中の主婦も、女性としての美しさを維持したいとバストアップクリームを使用する人がいます。

しかし妊娠中、授乳中にバストアップクリームを使用しても問題はないのでしょうか?
大切な赤ちゃんがいると、やっぱり気になりますよね。

今回はバストアップクリームが赤ちゃんに影響を及ぼすのかどうか説明していきます。

妊娠中、授乳中のバストアップクリームの使用は大丈夫か?


妊娠中

妊娠中は胸が成長し、サイズアップするのが一般的です。なぜなら妊娠をすると女性ホルモンのプロゲステロンエストロゲンの動きが活発になるから。

女性ホルモンの分泌が活発になると、乳腺発達が促進されます。乳腺が発達するとその乳腺を守るために脂肪細胞が増加。

その脂肪細胞がしっかりとバストに定着すると、バストアップにつながるのです。

妊娠すると平均で2サイズほど胸が大きくなります。そのためわざわざバストアップ効果のあるバストアップクリームを使用しなくてもよいとも言えます。

個人差はありますがバストが大きくなるのは妊娠3~4ヶ月に入ったころからです。

妊娠中の初期に無理にバストアップクリームを使用する人がいますが、妊娠初期の使用はおすすめできません。

妊娠初期は胎盤もしっかりと安定していないため、クリームを塗って胸に余計な刺激を与えると赤ちゃんに影響を及ぼします。

バストアップクリームを塗ってバストマッサージをしてしまうと、乳腺を過剰に刺激することになり、子宮が伸縮します。

子宮が伸縮してしまうと、陣痛のような動きになってしまうので流産の可能性が高くなるのです。

乳腺の過剰刺激で子宮が収縮し流産の可能性も

バストアップクリームを塗ってマッサージをするのは妊娠28週頃が目安と言われています。

しかし妊娠28週でも切迫早産気味の人はバストアップクリームによるマッサージは控えて下さいね。

また妊娠中はいつも以上に乳腺がデリケートになってしまいます。バストアップクリームを塗って乳腺を刺激すると乳腺を傷つけてしまうこともあるのです。

乳腺に傷がつくと母乳が出にくくなり、産後の授乳が大変になってしまうのです。

さらに妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンのバランスが安定せずに、バランスが乱れた状態になります。

特にエストロゲン様作用を示すバストアップ成分が配合されたバストアップクリームの使用は妊娠中厳禁です。エストロゲン様作用を示すことで、女性ホルモンの動きを活性化してしまいます。

妊娠中はそれでなくても、女性ホルモンの分泌量が多いので、その状態をさらに促進されると、赤ちゃんにダメージがあります。

過剰に女性ホルモンが増加してしまうと、胎盤を通して女性ホルモンの作用が赤ちゃんにも移行します。

すると生殖器や脳の発達不全を引き起こしてしまうケースもあるので気を付けなければなりません。

過剰な女性ホルモン増加で生殖器や脳の発達不全に

エストロゲン様作用を示す有効成分として有名なのがプエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカを配合したバストアップクリームやサプリメントは多いので配合成分を良く確認するべきです。

妊娠中、特に妊娠初期はバストアップクリームを使用しないように気を付けたいですね。

もしも妊娠中にバストアップクリームを使用したいという時には、医師の指示を参考にした方が安心です。


授乳中

次に授乳中のバストアップクリームの使用です。妊娠後期にはさらにバストは大きくなり、出産後赤ちゃんに母乳を与えるために乳腺は最高潮に発達します。

そのため授乳中のバストは1~3サイズほどアップするので女性としては嬉しく感じるかもしれません。

しかしバストが大きくなることによって、バストの脂肪細胞をきちんと支えられなくなり下垂の原因になることも。

出産後にバストの形が大きく崩れてしまったという人は意外と多いんですよね。

授乳中にブラジャーの着用が面倒で、ノーブラで生活している女性も多く、それも下垂の原因の1つになります。

また授乳中は乳腺が発達しているものの、授乳が終ると乳腺がその分減少して、周囲の脂肪細胞も減ってしまうこともあるのです。

授乳後のバスト維持のためにも、授乳中のバストケアは必須。では授乳中のバストアップクリームの使用は赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

授乳中のバストアップクリームの使用は特に赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。

基本的にバストアップクリームはハーブなどの植物由来の成分を多く配合しているので、授乳中や授乳前に使用しても問題なし。

また香りの少ないものやパラベンやアルコール不使用のクリームを選べば赤ちゃんへの刺激もないので安心です。

授乳後のバストは垂れやすく、ハリがなくなりがちです。授乳中から対策を行っておくことで下垂予防につながり、ハリのあるバストを維持することができます。

授乳中や授乳前の使用は問題なし


垂れる前にできるバストアップケア

妊娠や出産、授乳をきっかけにバストが小さくしぼんでしまったり、垂れてしまったりするトラブルが続発しています。

女性のシンボルでもあるバストはいつまでも美しい形を維持したいですよね。

今回は妊娠中や授乳中でもできるバストアップケア方法をご紹介します。

乳腺は母乳を作るための組織になります。そのため妊娠中は赤ちゃんに授乳をするために乳腺はどんどん発達していきます。

一般的に妊娠9~10ヶ月になると、2~3サイズアップする人がほとんど。

あまりにバストが大きくなりすぎて戸惑ってしまうという女性もいるほどなんですよね。

に妊娠9~10ヶ月になると、2~3サイズバストアップ

乳腺の発達は出産後3~4日でピークを迎えて、断乳が近づくにつれて乳腺の数は徐々に減っていき、元の数に戻っていくのです。

妊娠中、授乳中に急激に乳腺が発達し、断乳後急激に減少するためバストは風船のように一気にしぼんでしまいます。

またバストが大きくなっていた妊娠中、授乳中にバストを支えきれなくなり、バストが下垂してしまうケースも多いです。

サイズアップをするとバストの皮膚は伸びた状態になるので、元の大きさになると皮膚がたるんでしまうのです。

授乳後のバストトラブルを回避するためには、妊娠中、授乳中のバストケアが大切です。

しかし妊娠中は無理にバストケアを行うと胎児に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

特に妊娠初期にバストマッサージを行うと切迫流産の原因になりますので、8ヶ月を過ぎたあたりから行うようにしたいですね。

妊娠中にできるバストケアとしては、肌の保湿や柔軟性を保つことです。肌にしっかりと保湿を行えば、バストのハリや弾力を保つことができ、バストの垂れを改善できます。

保湿成分が配合されているバストアップクリームや、保湿剤などを使用して、バスト周りにしっかりと塗っていくと効果的。

また妊娠中の体重が増加しすぎると、バストが垂れる原因になります。

体重が増加するとバストの脂肪細胞もその分増えてしまうので、バストアップしやすくなります。

バストアップしすぎると、バストの脂肪細胞の重さを支えることができなくなるので、バストを支えているクーパー靭帯が切れやすくなります。

妊娠中に体重コントロールをしっかりすると、産後のバストの垂れを予防できますよ。

また妊娠中の体重コントロールは、母体にとっても必要になるのでしっかりと行いたいですね。

クーパー靭帯にダメージを与えない方法としては、バストサイズに合ったブラジャーを付けることも大切です。

バストサイズに合ったブラジャーを


妊娠中は妊娠前と比べてバストのサイズが変化しやすいです。

そのためその時々のバストサイズに合ったブラジャーを付ける必要があります。

自分のバストサイズに合ったブラジャーを付けるとバストをしっかりと支えることができクーパー靭帯を傷つけないようにできます。

正しいサイズのブラジャー着用は授乳中にも行いたいバストケアの1つ。授乳中は1日に何度も赤ちゃんに授乳することになるので、ついついノーブラで過ごしてしまいがち。

またブラトップなどの楽ちんな下着をつける女性も多くなってしまいます。

授乳中は非常にバストが大きくなっていますので、ノーブラで過ごすのはとても危険です。

バストの重さに耐えきれなくなり、バストは垂れてしまうのです。

しっかりとブラジャーを着用して、バストの形を維持したいですね。

授乳中にはバストを支えるための筋肉を鍛えるエクササイズも積極的に行いたいです。

バストを支えているのは大胸筋。妊娠中は積極的に運動することができないので、どうしても筋力が低下してしまいます。

大胸筋も減少してしまうので、出産後には大胸筋を再び鍛えてあげる必要があります。

大胸筋を鍛えるエクササイズにはダンベルや腕立て伏せなどがあります。またバランスボールを使用した方法や、拝み体操も有名ですね。

筋力アップのための運動は、できるだけバストの揺れが少ないものを選びます。

バストが必要以上に揺れてしまうと、クーパー靭帯が伸びてしまう原因に。縄跳びや短距離などは避けた方がよいですよ。

授乳中におすすめのバストケアとしてバストアップクリームも人気です。バストアップクリームをバストに塗ると、ハリや弾力をプラスしてくれます。

授乳中はどうしても下向きの角度で授乳することになるので、下に垂れやすいです。

下に垂れるのを防ぐために、ハリや弾力をアップできる成分が含まれているバストアップクリームを使用すると効果的です。

産後のバストの垂れ防止にバストアップクリームを


妊娠中・授乳中におすすめのバストアップクリーム

女性ホルモンバランスに影響を及ぼすバストアップサプリやバストアップクリームを妊娠中に使用するのは危険です。

妊娠中は特にホルモンバランスが乱れやすい時期になります。

この時期に女性ホルモンの分泌を促進する成分を摂取するとホルモンバランスはさらに乱れて副作用が生じます。

胎児にも影響する可能性もあるので、女性ホルモン分泌を促進する成分が含まれたものは使用しないようにしたいですね。

女性ホルモンの中でもエストロゲン様作用を示すのがプエラリアミリフィカです。

プエラリアミリフィカはバストアップクリームやバストアップサプリに多く含有する成分であり、バストアップに効果的。

バストを大きくする効果は非常に高いのですが、妊娠中には避けておきたいです。

プエラリアミリフィカは全てのバストアップクリームに含まれているわけではありません。

つまりプエラリアのように女性ホルモンに影響を及ぼさない成分が配合された製品であれば、安全に使用ができるのです。

そこでおすすめなのが、ボルフィリンというバストアップ成分を配合している「ラシュシュ」

女性ホルモンに影響のないボルフィリン成分配合


ラシュシュに含まれるボルフィリンは塗った部分の肌に深く浸透していき、脂肪細胞を分化させる働きがあります。

バストの脂肪細胞の分化を促進することで脂肪細胞は増加し、そのまま定着するとバストアップにつながるのです。

ボルフィリンはプエラリアミリフィカと異なり、エストロゲン様作用を示し乳腺を発達させるわけではありません。

脂肪細胞を増殖させる働きになるので、女性ホルモンとは関係なく作用します。

ボルフィリンはプエラリアにかわるバストアップ成分として美容業界でも注目されている成分。

またラシュシュにはハリを与えてくれるセサフラッシュも配合されています。セサフラッシュは肌にハリや弾力を与えてくれるのでバストが上向きの理想的な形に仕上がります。

肌がひきしめられることによって弾力がアップするので、美しい肌を維持することが可能。しかも、ラシュシュにはその他にもナノ化した美容成分がたっぷりと配合されています。

ナノ化された成分の浸透力は非常に高くなり、より効果を発揮しやすくなるのです。

ラシュシュに配合されている美容成分は、チガネ根エキス、ホップ花エキス、加水分解酵母など植物由来成分が多いです。

授乳中に使用する女性にとっては、化学物質が多く含まれたものは敬遠しがちですよね。

ラシュシュであれば余計な成分は含まれていませんし、天然成分がたっぷりと配合されているので安全性も高く安心です。

妊娠中、授乳中でも手軽に使用できるのは魅力的ですね。

またラシュシュにはノーベル賞受賞成分であるh-EGFを配合。このh-EGFは皮膚環境を整えて、キメの細かい美肌を保つことができます。

妊娠中や授乳中は、ストレスや女性ホルモンバランスの乱れによって皮膚トラブルを起こしがちです。

皮膚状態を整えることができる成分が配合されているので、肌トラブルも改善でき嬉しいですね。

こちらのページで、ラシュシュについてもっと詳しく書いていますので、参考にして下さいね!


人気バストアップクリームの商品情報
ラシュシュの効果と口コミ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る