ピルの服用とクリームの関係

そもそもピルって何?

バストを大きくしたいと願う女性は、様々な方法でバストアップを試みています。

その中でもポピュラーな方法がバストアップサプリバストアップクリームです。

特にバストアップクリームは副作用も少なく、安全性が高いと人気を集めています。

ただ、バストアップケアの中には女性ホルモンのバランスを調節するものもあるため、ピルを服用している人が使用するとあまり良くないことも。

ピルを服用している人でも安心して使用できるバストアップケアは何でしょうか?まずはピルについて詳しく説明していきます。

ピルは避妊目的で使用する場合と、避妊以外の副効用を目的として使用する人がいます。

1960年にアメリカで発売されから世界180か国で1億人以上に愛用されている一般的な薬になります。

経口避妊薬と呼ばれているピルは、女性ホルモンの作用を利用して妊娠を予防する薬になります。

主成分は卵巣内で作られる女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモン。

ピルを飲むと卵胞ホルモンと黄体ホルモンが体内で一定に維持され、妊娠している状態と同じホルモンバランスを保つことができます。

すると体は妊娠していると錯覚して、排卵を抑制するようになるのです。ピルを飲めば妊娠している状態になるので、排卵しにくい体質になります。

ピルの服用は体を妊娠時と同じ状態に

それだけではなく、着床抑制や子宮内への精子侵入を防ぐ働きもあるのです。

月経の周期によって、受精卵が子宮に着床しやすいように子宮内膜は増殖して子宮環境を整えていきます。

しかしピルを服用している場合には、子宮内膜が厚くなることはありませんので、受精卵は着床しにくくなるのです。

そのほか、子宮頸管から分泌されている粘液は、ピルを服用することによって濃度が濃くなります。粘液の濃度が高くなると、子宮の入り口は狭まれるので精子が侵入しにくくなるのです。

精子の侵入が少なくなれば、必然的に妊娠しにくくなりますよね。

ピルは避妊目的で使用する以外にも月経痛や月経不順などのトラブルを改善するために使用する人もいます。

月経痛や月経量が多い人、さらには月経不順や貧血などが起こるケースでもピルを服用すると症状が軽くなる場合も。

またピルを服用することによって、ホルモンバランスが変化して、ニキビがでにくくなるなど肌トラブルも改善していきます。

ピルには中、高用量のものと、低用量のものがあります。

低用量のものは避妊薬として使用されていますが、一方で高用量のものは含まれているホルモン量が多いので、月経不順や月経痛、無月経などの月経トラブルを治すのに向いているのです。

ドラッグストアや薬局などで手軽に手に入れることはできず、入手するためには医師の処方せんが必ず必要になってきます。

処方に関しては基本的に自費診療になってしまいますので、保険適応外に。検査などは1万程度かかることも多いですが、薬の値段としては2,000~3,000円程度。

ピルの値段は2,000~3,000円程度

飲み方は1日1回、毎日同じ時間に服用する必要があります。例えば朝8時に飲んだ場合、次の日も朝8時ころ飲むのが効果的なのです。

21日間ピルを飲み続けで、そこから7日間は有効成分を含まない偽薬を服用します。すると21日間飲み続けて3~4日後には月経が起こるのです。

ピルを飲んだ時に月経が起こると、子宮内膜が厚くなっていないため、月経痛を軽くしたり、月経量が少なくなったりすることも。

月経量が少なくなることで、月経前のイライラや痛みから解消されるのです。

性交渉の可能性はあっても妊娠を望んでいない女性にとっては非常にありがたい薬です。また月経に関する悩みがある女性にとっても魅力的な薬と言えますね。

しかしメリットだけではありません。服用することによってデメリットも生じるのです。ピルの副作用としてよく起こるのが、つわり様症状や不正出血です。

妊娠したような状態になるため、つわりのような症状が現れてしまいます。

しかし症状が軽度の場合であれば2~3ヶ月で症状は落ち着きます。

服用する可能性がある場合は、メリットデメリットをきちんと理解した上で服用する必要があります。また飲み方や飲む量などについても気を付けなければなりません。


バストケアアイテムとピルの関係

避妊目的や、月経前症候群や生理痛などの症状を緩和するために服用されるピル。

服用している女性は増えてきていますので、他の薬やサプリメントなどとの飲みあわせが気になりますよね。

今回はバストアップには欠かせないバストアップサプリとバストアップクリームとピルの関係を詳しく説明していきましょう。

<バストアップサプリとの関係性>
バストアップサプリはバストの大きさにコンプレックスを感じている人が服用するサプリメントです。

バストアップサプリに含まれる有効成分は商品によって異なりますが、女性ホルモン様の働きをする成分が含まれたものが多いです。

特にバストアップサプリに多く含まれるプエラリアミリフィカは植物性エストロゲンを豊富に含みます。

つまり女性ホルモンと同じ働きをする物質が含まれているため、乳腺発達を促し、バストを大きくするのです。

ピルに含まれる主成分も女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンになります。つまりピルもバストアップサプリも女性ホルモンであるエストロゲンを増加させる働きがあるのです。

ピルもバストアップサプリもエストロゲンを増加ざせる

同じ効果があるということは効果が倍増できるのでは?と考える人がいますがそんなことはありません。

むしろ大量に摂取することによって、体内の女性ホルモン濃度が急激に高くなってしまい、副作用を起こしてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、生理痛や生理前症候群の症状が悪化したり、肌荒れがひどくなったりします。

一般的にバストアップサプリはピルを服用している場合には服用しないでくださいと注意書きしているケースがほとんどです。

バストアップには女性ホルモンの分泌が欠かせません。いくらバストアップに効果的といっても過剰に摂取することは体にとってはよくないことなのです。

間違ってもピルとバストアップサプリは併用しないようにしたいですね。


<バストアップクリームとの関連性>
次にバストアップクリームです。バストアップクリームはバストアップサプリに比べると安全性も高く、副作用も起こりにくいので安心して使用することができます。

また配合されている成分によってはピルと併用できるバストアップクリームもあるんです。

特にピルを服用中の女性は女性ホルモン量が増えているため、血液循環をよくしてあげるとバストに栄養が行き届きやすくなります。

つまりピルを服用中の人はバストアップマッサージを行うことでより大きなバストを手に入れることができるのです。バストアップマッサージにはバストアップクリームの使用が欠かせませんよね。

ピル服用中のバストアップマッサージはより効果的

エストロゲンなどの女性ホルモンは血液を介してバストの成長細胞まで運ばれていきます。

血液循環がよくなることによって、バスト細胞にホルモンが届いて、乳腺が発達しバスト細胞の成長につながります。

バストアップクリームとピルを併用する時は、バストアップクリームに配合されている成分をきちんと調べる必要があります。

プエラリアなど植物性エストロゲンを含む有効成分配合のバストアップクリームは、ピルとの併用はできません。

ピルを服用している時にバストアップクリームを使用したいのであれば、プエラリアミリフィカを主成分としたものを使用しないようにすることが重要です。


安心して使えるバストアップクリームはどれ?

ピルを服用している人は、服用していない人に比べるとエストロゲンなどの女性ホルモンが多く分泌されている状態になっています。

そのため女性ホルモンの分泌を活性化させる働きのあるバストアップサプリやバストアップクリームの使用は危険です。

特にプエラリアミリフィカが配合されているバストアップサプリやバストアップクリームは使用してはいけません。

プエラリアミリフィカにはミロエステロールやデオキシミロエステロールなどの植物性エストロゲンが豊富に含まれています。

ミロエステロールは大豆に含まれる大豆イソフラボンの1000倍の活性力を持つと言われているほど。

強力なエストロゲン様作用を示すプエラリアは乳腺発達を促進してバストを大きくするのに効果的なのです。

しかしエストロゲン様作用の強いプエラリアとピルを併用することは危険。

体内で過剰に女性ホルモン濃度が高まると不正出血や月経異常、生理痛の悪化、吐き気、頭痛などの症状を引き起こす可能性があるのです。

ピルとプエラリアの服用は危険

バストアップをしたいけれど、ピルを服用しているという人にも安心して使用できるバストアップクリームはないのでしょうか?

ピルを服用していても安全に使用できるバストアップクリームとしておすすめしたいのが、ラシュシュです。

ラシュシュはバストアップクリームに分類されていますが、ジェル状の形状をしており、伸びがよく使いやすいのが特徴です。

また主成分がプエラリアではなく、ボルフィリンなのもポイント。プエラリアは女性ホルモン分泌を活性化させるのですが、ボルフィリンの場合は女性ホルモンを活性化させる働きはありません。

ボルフィリンはユリ科のハナスゲ根と呼ばれる植物に多く含まれる成分。脂肪細胞を分化させ増殖を促進する働きがあります。

塗った部分だけの脂肪細胞を増殖させるので、バストに塗ればボリュームアップにつながるのです。

女性ホルモンを増やすことでバストを大きくするプエラリアとは違い、バストの脂肪細胞にだけ働くので安全性も高いのが魅力。

ピルを服用していても併用可能で安心して使用できるのが嬉しいですよね。またラシュシュは日本製のバストアップクリームなのでその点も安心できますね。

バストアップクリームは数多く販売されていますが、そのほとんどにバストアップ成分としてプエラリアが配合されています。

ラシュシュにはプエラリア以外にも女性ホルモン様作用を示す成分は一切入っていません。

ハナスゲ根由来のボルフィリンのほか、ゴマタンパクに由来する美容成分セサフラッシュやチガネ根エキスを配合。

セサフラッシュには細胞の水分補給を促進する働きがあるので、バスト肌の保湿を行い、潤いとハリを保ってくれます。弾力のある美しいバストへと導いてくれます。

また11種類の美容成分をナノ化して配合していることにより、肌への浸透力がアップしています。

これなら例えピルを服用している人であっても、安心してバストアップを目指すことができますね。

また、育乳目的でなくても美容成分が豊富に配合されているので、ハリやツヤが不足している胸にも持って来いのバストアップクリームです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る