バイオバスチルの効果効能

美バストを作るためのマスト成分「バイオバスチル」

バイオバスチルはバストアップクリームやダイエットクリームによく採用されている美容成分の一つです。

効果効能としてはバストにとって必要不可欠なハリや弾力、ツヤに関わるコラーゲンやエラスチンの活性を助けることで、より効率的に肌を引き締めたり弾力性を出したりといったサポート的な役割をしてくれます。

この肌の弾力性柔軟性を高めたり、肌の引き締めをおこなったりという効果が検証結果によりわかっており、美容大国のフランスでは特許成分として登録されている成分です。

こうした肌の弾力性などはコラーゲンの生成量が年齢とともに減少していくため、少ない生成量となったコラーゲンを効率的に活性化させることで若々しい肌を保つことができます。

ある製薬会社がおこなった調査によるとバイオバスチルを含んだクリームを一日2回塗布して実験をおこなったところ、弾力性や引き引き締め効果が確認されました。

しかも1ヶ月間でバストトップが平均3.5cmも上昇するといった結果が得られました。

このバイオバスチルは今では多くのバストアップクリームに配合されています。

バストサイズのアップの他にも、コラーゲンの働きを助けてくれるのでクーパー靭帯の補強にもつながりキレイな形のバスト育成に役立つため、美乳を目指す人にとっては重要な成分となっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る