有効な美容成分

自分の目指すおっぱいに必要な美容成分ってどれ?

有効成分 バストアップクリームに配合されている有効成分には様々な種類があり、それぞれがバストにとっていろいろな有効な作用を促してくれます。

これらの有効成分はいろいろな分け方ができると思いますが、大きく分けると下のように分けられます。

  • バストの脂肪を直接ふやす成分

  • 女性ホルモンに働きかけ脂肪細胞をふやすように働きかける成分

  • バストのハリや弾力を出すために肌年齢を若返らせる成分

  • バストの脂肪が横流れしないように固定するための成分

  • 色素を薄めることで色白美肌の美乳を作る漂白成分や透明感を出すための成分

  • こうした成分の働きがしっかりと発揮されるように促してくれる成分


などに分けられます。

このほかにも細かく分けるともっとたくさんあるかと思いますが、代表的な効果効能というとこのあたりになるかと思います。

代表的な成分を例に挙げると、脂肪細胞を分化させ増殖させるボルフィリン、女性ホルモンのエストロゲンに働きかけ乳腺を刺激し脂肪を増大させるプエラリアやイソフラボン、肌のハリや弾力を出すコラーゲンやプラセンタ、脂肪固定成分のコポリマー、漂白成分のハイドロキノン、こうした成分がしっかりと働くように促すヒト成長ホルモンなどです。

その他にも抗酸化作用成分としてアンチエイジング分野で高い人気を誇るコエンザイムQ10や、保湿能力にすぐれたシロキグラゲ多糖体といったものもあります。

こうした美容成分の効果効能を考え自分の理想とするバストに近づくためにはどの成分が必要かを把握し、その成分の含まれているバストアップクリームを選ぶようにすると良いでしょう。

イメージ画像:バストアップに有効な成分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る