ジャムウガリアンの効果効能

ジャムウガリアン(ジャムウ)で月経痛の解消&豊胸

ジャムウガリアン(ジャムウ)は、花びら、種子、根茎、果実、ハーブを主な原料として調合されたものを呼び、植物の名前ではありません。

ジャムウとは植物の根や葉っぱから作られたものという意味を持ち、ガリアンは木の芯を意味します。

このハーブはインドネシアに古くから伝わる伝統的なナチュラルハーブで、特に女性の悩みを解消するために使われてきました。

通常は100%ナチュラルハーブで使用されますが、卵や塩、砂糖、蜂蜜などを加えたりして摂取しやすいようにしたりもします。

この伝統的なハーブは、ダイエット商品や防臭系の商品、さらにバストアップ商品に配合されています。

昔から多くのインドネシア人の女性にダイエット、防臭、豊胸のためのハーブとして愛用されてきました。

商品形態としては、サプリメント、クリーム、軟膏、オイル、ソープといった形で販売されています。

こうした商品形態からもわかるように、このハーブの効果効能はバストアップ、ダイエット、月経周期の改善、血液の流れを改善、体臭の予防などがあります。

ジャムウガリアン(ジャムウ)は女性ホルモンの分泌調整をし、乳腺に刺激をあたえることでバストの脂肪を増やしてボリュームアップを図ったり、ハリや弾力を出したりする働きをする成分です。

このジャムウガリアン(ジャムウ)のようにバストアップに働きかける育乳成分は、他にもいくつかあります。

特に「ボルフィリン」という育乳成分は、肌に塗ることで脂肪を増殖し、その場に留まらせる効果がある人気成分です。

ボルフィリンの効果効能、おすすめのバストアップクリームについてはこちらのページを参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る