定番の豊胸手術「脂肪注入」

脂肪注入って?

胸を大きくする方法は、大きく2通りに分けることができます。

一つは、手術によって大きくする方法。もう一つは、その他の自助努力によってバストアップを試みるという方法

多くの女性が、キレイなバストを保つために自助努力を続けています。しかし、それでは自分の理想に届かないという人もいます。

そこで、より理想的なバストアップを実現するためにあるのが“脂肪注入”という選択肢。

脂肪注入とは、3つある豊胸手術のうちの一つで、自分の身体についている脂肪を胸に注入するというバストアップ法。

シリコンを胸に埋め込む「バッグ挿入法」やヒアルロン酸を注入する「ヒアルロン酸注入」とは違い、体内に異物を挿入せずに済むことになります。

そのため、3つのバストアップ法の中でも特に安全性が高いとされています。

脂肪注入法が一番安全性が高い


脂肪注入の生着率は、施術するクリニックや美容外科によって、また状況や体質・体調などによってさまざま。

実は脂肪吸引というバストアップ法は、以前まで生着率が低いという点が問題とされていました。

しかし、技術の発達によってその生着率も確実に向上し、なかには80%~90%程度と、非常に安定した結果を生み出すバストアップ法もあります。

また、自分の身体の一部を注入するということから、アレルギーをはじめとする異物拒否反応の心配がほとんどなく、万が一体内で吸収されてしまうようなことがあっても安全です。

では、脂肪注入とその他のバストアップ手術ではどのような違いがあるのでしょう?

バッグ挿入法では、シリコンバッグを胸に挿入してバストアップを図ります。

この方法では、1カップ以上のバストアップが可能であるため、バストサイズを数カップ大きくしたいという方にオススメな方法。

ヒアルロン酸注入法は、バストアップはしたいけれど手術は怖い、抵抗がある、という方に最適なバストアップ法。

ヒアルロン酸を注入するだけという手軽さから“プチ豊胸”ともいわれ、多くの女性に人気の豊胸術です。

これらに対して脂肪注入法では、バッグ挿入法よりも外見的な変化が小さいですが、そのぶん自然な胸元を作り出すのに最適です。

また、ヒアルロン酸注入法では、時間がたつと体内に吸収されてしまうため定期的に注入する必要があり、そのぶんお金もかかります。

しかし脂肪注入では、定着したあとの脂肪は体内に吸収されにくいため、ヒアルロン酸のように何度も注入する必要がありません。

次の章では、脂肪注入の種類についてふれてみましょう。


こんなにある手術方法

医学の進歩によって、豊胸手術はより成功率の高いものとなりました。

以前まで「脂肪注入」という一つのバストアップ法であったものが、今ではいくつかの選択肢となっており、自分の好きな方法を選べます。

まずは、それらのバストアップ法をみてみましょう。


脂肪注入法

脂肪注入の中でも、スタンダードな豊胸術。身体についた余分な脂肪をバストへ注入します。

この方法では、脂肪だけではなく不純物も同時に注入されるため、しこりなどの発生するリスクが高くなるうえ、生着率は30~50%程度と、脂肪注入法の中では一番効率が悪い方法です。
生着率は30~50%程度


ピュアグラフト豊胸法

吸引した脂肪内の不純物(死活細胞や老化細胞、血液など)を特殊なフィルターで濾過することにより、不純物を20%程度までに減らして注入するという方法。

生着率は通常の脂肪注入よりも高く、50~60%程度とされています。生着率が高くなると、バストアップ効果も高くなります。

また、細胞の石灰化によって起こるしこりの発生率も抑えることができます。
生着率は50~60%程度


脂肪幹細胞注入法

脂肪細胞の中にある「幹細胞」という細胞を、脂肪と分離させてからバストへ注入するという方法。

幹細胞には、脂肪細胞へ変身したり、自らが血管の元となったり、幹細胞自体が分裂して増えたりという、バストアップにとって非常に都合のよい働きが備わっています。

幹細胞は本来、脂肪細胞の中に存在していますが、脂肪と分離させることでこの細胞がより活性化することから、一度分離させることで生着率を高めます。生着率は70~80%。

生着率は70~80%程度


コンデンスリッチ豊胸法

コンデンスリッチ豊胸とは、吸引して取り出した脂肪の不純物を取り除き、さらにその中の幹細胞を濃縮させて注入するという脂肪注入法。

脂肪幹細胞注入法では、吸引した脂肪細胞の半分は幹細胞摘出に使われてしまうため、身体に十分な脂肪がついている人のみが対象でした。

しかし、コンデンスリッチ豊胸は多少やせ型の方でも受けられる手術です(※)。

特殊なフィルターを通して空気に触れることなく注入されるため、生着率も他のバストアップ法より高くなっています(80~90%程度)。
※施術を受けられる体系については、手術を受けるクリニックや医院に相談しましょう。
生着率は80~90%程度


脂肪注入だけでも、これだけの手術法があるんですね。

しかし、ただこうしてみてもどれが良いのかわかりにくいのではないかと思います。次の章では、それぞれのバストアップ法におけるメリットとデメリットに触れてみましょう。


メリットとデメリット

どんな豊胸術にも、それぞれいいところとそうでないところがあります。また、メリットとデメリットは、豊胸術を受ける方によってさまざま。

脂肪注入による各バストアップ法の特徴について、メリットとデメリットにも触れてみましょう。

<脂肪注入法のメリット・デメリット>
この方法のメリットは、費用が安いという点。

ただし、ただ脂肪注入するだけというこの方法は、今は多くの美容外科でおすすめされません。その原因は、なんといっても生着率の低さにあります。

不純物が多いままの脂肪細胞をそのまま注入するため、脂肪生着は良くても半分程度、平均的には20~30%しか胸に残らないため、他の脂肪注入法よりもサイズの変化が起こりにくいのが難点です。

また、脂肪細胞の壊死や、石灰化によるしこりの発生率も高くなります。

しかし、脂肪を取りだした個所には痩身効果が得られ、バストアップと同時にダイエットも実現するという点は大きなメリットです(ただ、これは他の脂肪注入法にも言えることです)。

脂肪注入法のメリット・デメリット


<ピュアグラフト豊胸法のメリット・デメリット>
ピュアグラフト豊胸のメリットは、注入する脂肪細胞が受けるダメージを抑えることができるという点です。

ピュアグラフト豊胸では、遠心分離機ではなく特殊なフィルターを通して老化細胞や死活細胞、脂肪に混ざった水分などの不純物を除去するため、脂肪細胞にダメージを与えずに済み、生着率も高くなります。

しかし、それらの不純物を完全に取り除くことができるというわけではありません。そこが、この方法のデメリット。

不純物も20%程度は残ってしまうため、しこりや細胞壊死がおこる可能性を完全に排除することはできません。

ピュアグラフト豊胸法のメリット・デメリット


<脂肪幹細胞注入法のメリット・デメリット>
この脂肪注入法のメリットは、生着率のよさにあります。

不純物を取り除いた脂肪細胞に、さらに活性幹細胞を足して注入するため、不純物を取り除いてそのまま注入した場合よりも生着率が高くなるといわれています。

しかし生着率にも個人差があり、必ずしも一定の結果が得られるということではありません。

また、注入するための脂肪とは別に、幹細胞を抽出するための脂肪も必要となるため、身体にある程度の脂肪がついている人でないと受けられないというデメリットもあります。

脂肪幹細胞注入法のメリット・デメリット


<コンデンスリッチ豊胸法のメリット・デメリット>
この脂肪注入法では、脂肪細胞を濾過し、コンデンス(濃縮)することで、質のよい脂肪細胞を注入することができ、生着率も高くなるため多くの脂肪細胞を必要としません。

また、コンデンスリッチ豊胸は、脂肪幹細胞注入法を受けられない人でも受けられる可能性があります。

やせ型の人は、場合によっては複数の個所から脂肪吸引をおこなうこともあるようですが、脂肪幹細胞注入法で必要な「幹細胞抽出に使う脂肪」が不要となるため、受けられる体系の幅が広いのです。

ただ、この方法には、かかる費用が大きいというデメリットが付きまといます(※)。
※各豊胸術の費用は、クリニックや美容外科によって違います。

コンデンスリッチ豊胸法のメリット・デメリット

このように、上から下に行くほど脂肪注入の生着率が高くなりますが、そのぶん費用も大きくなってしまいます。

ただ、生着率が低いとサイズアップにはつながりにくく、時間がたつにつれ元通りとなってしまうこともあります。

スタンダードな脂肪注入を選んだ結果、数年後に費用が発生してしまうという可能性を思えば、今より良い技術によってバストアップする方が低コストで済むということもあります。

いずれにしても、脂肪注入は自然なバストを作るために最適な豊胸術。一度、お気に入りの美容外科に足を運ばれてみてはいかがでしょう?

綿密に相談することで、理想のバストを実現することができますよ。

ただ皆さんも気になるのが、豊胸手術の最大のデメリットであるメスや注射を使用するというところではないでしょうか?

「手術」と付くのですから、当然通院しなければなりませんし、多額の費用がかかってしまいます。

それなのに術後はあまり納得のいく結果が見れず、しかも副作用まで起きてしまったとなったら・・・

どこに怒りをぶつけたら良いかわかりませんよね!

そのため、私がおすすめするのは「まずは少額で手軽に始められるバストアップ方法を試す」ということです。

一体どういうものかというと、バストアップサプリやクリームであれば手術に比べて非常に安価で済みますし、毎日決まった時間に使用するだけなので楽ちん。

バストアップマッサージであれば、無料でバストアップすることだって可能なんです!

これらはそんなに手間もかかりませんし、何よりも自然にバストアップしていけるという点が魅力的です。

特におすすめしたいのがバストアップクリーム

サプリメントのように、体内に直接摂取するものではないので副作用は出にくいですし、マッサージやエクササイズの際に塗ることを習慣づけることによって即効性を上げることもできます。

なにより、1番安全で身体に無理のないバストアップ方法だと言えます。

そのためいきなり手術に踏み出すのではなく、まずはこういった身近なバストアップアイテムから始めてみることをおすすめします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る