バストアップに効果的なツボ
バストは女性らしさをアピールするシンボル的存在。

ところが、多くの女性はバストのサイズや垂れなどの悩みを抱えているんです。

自信の持てるバストになるために、様々なバストアップ方法を試したことがあるという人もいるかもしれません。

  • サプリメント
  • クリーム
  • 豊胸手術
  • マッサージ
  • エクササイズなど
など多岐にわたって様々なバストアップ方法があります。

その中でも、今回ご紹介したいバストアップ方はツボ刺激です。


ツボを押すだけで本当にバストアップに効果的なのでしょうか?


そもそもツボって?という方のために、まずはツボについて詳しく見ていきましょう。

ツボとは

ツボは全身になんと670種類もあると言われています。

全てのツボには1つ1つに名前がついており、それぞれが体の器官に大きく関係しているのです。

ツボを刺激したり、押したりすると体に強い痛みを感じる場合があり、その異変で体の不調や異常を早期発見することも。

東洋医学ではツボは病気の時に反応しやすい部位であると言われており、ツボを刺激することで治療にもつながるのです。

人の身体には経路が14本あります。

ツボはこの経路の上に位置しており、経路の流れが悪くなると、体調が崩れてしまうのです。

東洋医学では全身にある14本の経路に血や気が流れているとされています。

つまり経路の流れが悪くなると、気や血が流れにくくなり、不健康な状態に。

ツボを刺激して、気や血の流れをスムーズにしてあげると、体の調子は整えられます。

身体のツボは、骨や関節部分などの位置に多く存在します。

例えば背中であれば、以下のような部分に存在します。

  • 背骨
  • 肩甲骨
  • 骨盤

効果的なツボ

ツボを押すことよって得られる効果は様々です。

その他にも美肌効果が期待できるものもあれば、ダイエット効果のあるツボもありますし、これからご紹介するバストアップ効果的なもツボもあるのです。

ツボ押しに必要なものは手だけで、道具などを用意する必要はありませんし、どこでも簡単に行えることができます。

バストアップするためにはどんな方法でも継続して行わないと意味がありません。

その点、費用が掛からず手軽に行えるツボは魅力的なバストアップ方法と言えますね。

ツボ押しがバストアップに高い効果が期待できる理由としては、まずは乳腺の発達を促し、女性ホルモン分泌をアップさせるからです。

血液やリンパの流れがよくなると、スムーズにバストに栄養が行き届きやすくなるのでバストは成長しやすいです。

また代謝アップにも効果的です。ツボを押すと女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が促進するだけでなく、血液やリンパの循環がよくなります。

リンパや血液の流れがスムーズになると、新陳代謝、基礎代謝はアップしていきます。

すると肌のたるみは改善され、肌のハリ、弾力が蘇ってきます。

ハリや弾力がなくなったバストは垂れやすいですので、下垂防止にも効果があります。

バストアップに効果的なツボ


バストアップに効果的なつぼは?

ツボは全身に何百種類もありますが、その中でも特にバストアップに効果的なツボ10種類を説明していきます。

  1. 神封(しんぷう)
  2. 中府(ちゅうふ)
  3. 壇中(だんちゅう)
  4. 屋翳(おくえい)
  5. 天渓(てんけい)
  6. 関元(かんげん)
  7. 渕腋(えんえき)
  8. 膺窓(ようそう)
  9. 輙筋(ちょうきん)
  10. 乳根(にゅうこん)

それでは、1ずつ見ていきましょう。

ツボ①【神封(しんぷう)】

神封(しんぷう)

神封は、バストアップ効果の最も高いツボと有名です。

女性ホルモンのエストロゲン分泌を促進する働きがあり、乳腺発達を促進してくれます。

場所は谷間から見て乳頭の手前指2~3本くらいのところにあり、骨と骨の間のぺこんと凹んだ部分です。

親指にしっかりと力を当てて、1回3秒程度を左右それぞれ3回ずつ行うとよいですね。


ツボ②【中府(ちゅうふ)】

中府は大胸筋のリンパの流れをスムーズにして、バストにハリ与えることができるツボです。

バストアップはもちろんですが、乳腺炎の改善や気管支炎予防にも効果的。

また肩こりにも効果が期待できますし、呼吸機能を高める働きもあります。

親指以外の4本の指の腹を揃えて、8の字でマッサージをしていきます。


ツボ③【壇中(だんちゅう)】

壇中は神封と同じように、女性ホルモン分泌を活性化させる働きがあります。

女性ホルモンの分泌がしっかりと行われることで、乳腺発達につながりバストアップできるのです。

左右の乳頭をまっすぐ結んだラインの真中に位置し、指で軽く押すと痛いと感じる部分になります。

親指か人差し指と中指を当てて、上から反対側の指を重ね3秒程度力を入れながら押していきます。


ツボ④【屋翳(おくえい)】

屋翳は血行促進に効果があります。

バストの血行がよくなると、栄養やホルモンがバストに届けられやすくなるため、バストアップにつながります。

また新陳代謝がアップするので、ダイエットにも有効です。

女性ホルモンのエストロゲン分泌も促進されるので、女性にとっては覚えておきたいツボですね。

乳頭の縦ラインにあり、乳頭の上側に位置しています。指で軽くゆっくりと3秒程度押すようにします。


ツボ⑤【天渓(てんけい)】

天渓(てんけい)

天渓はバストの脇と肋骨と肋骨の間に位置し、乳頭の上部にあります。乳腺を刺激につながるため、ハリ、弾力のある美バストへと導いてくれる働きがあります。

左右を同時に押し上げるように下から上に向かってバストを持ち上げます。


ツボ⑥【関元(かんげん)】

へその下、指3本分ほど下がった場所にあり、体全体の調子を整える作用があります。

特に生理痛、生理不順など婦人科系の調子を整えてくれるので、女性にとっては覚えておきたいですね。

両手の人差し指、中指の3本を重ねるように置いて、息をゆっくりと吐きながら弱く押していきます。押さえては緩めるという動作を2分程度続けていきます。


ツボ⑦【渕腋(えんえき)】

渕腋(えんえき)

血行促進効果があり、バストにハリ与えてくれる渕腋は乳頭から10cm程度外側のワキの下にあります。

押すと痛みがある第3肋骨と第4肋骨の間に位置しており、親指でゆっくりと押していくと効果があります。

血行がよくなるとホルモンや養分がしっかりとバストに運搬されるので、バストのハリ、弾力がアップ。アンチエイジング作用も期待できますよ


ツボ⑧【膺窓(ようそう)】

膺窓は乳頭の縦ラインの上、鎖骨と乳頭の真中に位置しています。

バストの血行促進や乳腺発達、女性ホルモン分泌の活性化などトータル的なバストケアを行うことができます。

また母乳の出がよくなるツボとしても有名ですので、母乳育児をしている授乳中の女性は覚えておきたいですね。人差し指と中指を揃えて軽く押すと効果があります。


ツボ⑨【輙筋(ちょうきん)】

輙筋はワキの下指1~2本の位置にあり、リンパの流れをスムーズにする作用があります。

また女性ホルモンのエストロゲン分泌を促進させたり、呼吸器の症状緩和の作用があったりします。

風邪や喘息などで呼吸が苦しい時に押すと呼吸が楽になることがあります。

人差し指、中指、薬指の3本の指を揃えて胸の方に押していきましょう。


ツボ⑩【乳根(にゅうこん)】

乳根(にゅうこん)

乳根は乳頭部分から指2本分下に位置しており、リンパ循環機能をアップさせてくれます。

また女性ホルモン分泌を活性化することで、母乳が出やすくなるので授乳中のママは覚えておきたいですね。

第5、第6肋骨の間の押すと痛みを感じる部位を、指で3秒程度ゆっくりと押したり、離したりを繰り返します。

その他にもバストアップにおすすめのツボはありますが、まずは正確な位置を把握して刺激していくことが重要です

また継続して行わなければバストアップにはつながりませんので、毎日の習慣として続けていきたいきましょう。


押し方&おすすめグッズ

バストアップを目的としたツボ押しをする場合、いくつかのポイントを押さえておくと指も疲れませんし、よりバストアップに効果的です。

まずは、ツボの押し方について説明していきます。


バストアップ効果を倍増させるツボの押し方

ツボを押す時には、あまり長い時間押すと逆効果になる場合がありますので注意が必要です。

1回3~5秒の長さで3~5回程度繰り返して行うのが理想的。

息をゆっくりと吐きながら押して、息を吸いながら手を離していくというイメージで行うとよいですよ。


朝?寝る前?効果的なタイミングは

バストアップに効果的なツボを押すタイミング

行うタイミングとしては血行が良くなっているお風呂あがりが特におすすめです。

バストマッサージもお風呂あがりなど血行が良くなっている状態で行うとより高い効果が期待できますよね。

それと同じでツボ押しに関しても、体をしっかりと温めて新陳代謝をアップさせてから行った方がGOOD。

入浴中や寝る前などのリラックスした状態で行うもよいですね。

体調が悪い時や、お酒を飲んでいる時などは無理して行わないようにしてください。

食後すぐもよくありません。妊娠中は女性ホルモンバランスを崩してしまう原因になるので行わない方が安全です。

ツボ押しは、ストレス解消にもつながるのでリラックスしたい時などにやるとよいですね。

また自分のペースで無理なく続けていくこともポイントになります。

最近ではバストアップを目的としたツボ押しがブームになっている為、様々な便利グッズが販売されています。

今回はおすすめの便利グッズをいくつかご紹介していきましょう。


ネイルをしている方、力の弱い人でも簡単にできる便利グッツ紹介

まずはマッサージ棒です。ツボを押す時に指や手の平を使って押します。

しかし女性の場合、爪が長い人やネイルを行っている人もいますし、また力を入れて押すのが難しいケースもあります。

そこで自分の指の代わりにマッサージ棒を使用して、ツボ押しをしていきます。

マッサージ棒は細かい部位でもピンポイントに押すことができるので効果的。

さらにバスト以外にも、頭や背中、肩、顔など様々な部位で使うことができるのでおすすめです。

マッサージ棒は小さくて外出先でも気軽に持ち歩くことができるので、いつでもどこでもツボ押しできるのも魅力的ですね。

またツボ押しは体を温めた状態で行うのが最も理想的です。そのため体を温める便利グッズも人気があるんですよね。

蒸気で体を温めてくれるようなシートや、ゆたんぽなどは1つ持っておくととても便利です。

いかがでしたでしょうか。

私たちの体には、押すだけでバストアップに効果てきなツボがたくさんあるんですね。

ツボの押し方やタイミングも少し意識するだけで、得られる効果は変わっていきますよ。

マッサージ棒などの便利グッズを上手く活用すれば、力をあまり入れずにツボを刺激することができるので、継続して続けていきたいですね。


こちらのページを見ている人は以下のページも見ています。


バストアップクリーム 16種類のバストアップクリームが集結!人気商品をチェック バストアップジェル クリームより質感の伸びがよくてコスパの高い人気ジェル!
バストアップサプリ バストアップサプリの効果や副作用など疑問を全て解決 食べ物でバストアップ育乳に効果的な食べ物や簡単バストアップレシピを紹介


バストは女性らしさをアピールするシンボル的存在。

ところが、多くの女性はバストのサイズや垂れなどの悩みを抱えているんです。

自信の持てるバストになるために、様々なバストアップ方法を試したことがあるという人もいるかもしれません。

  • サプリメント
  • クリーム
  • 豊胸手術
  • マッサージ
  • エクササイズなど
など多岐にわたって様々なバストアップ方法があります。

その中でも、今回ご紹介したいバストアップ方はツボ刺激です。


ツボを押すだけで本当にバストアップに効果的なのでしょうか?


そもそもツボって?という方のために、まずはツボについて詳しく見ていきましょう。

ツボとは

ツボは全身になんと670種類もあると言われています。

全てのツボには1つ1つに名前がついており、それぞれが体の器官に大きく関係しているのです。

ツボを刺激したり、押したりすると体に強い痛みを感じる場合があり、その異変で体の不調や異常を早期発見することも。

東洋医学ではツボは病気の時に反応しやすい部位であると言われており、ツボを刺激することで治療にもつながるのです。

人の身体には経路が14本あります。

ツボはこの経路の上に位置しており、経路の流れが悪くなると、体調が崩れてしまうのです。

東洋医学では全身にある14本の経路に血や気が流れているとされています。

つまり経路の流れが悪くなると、気や血が流れにくくなり、不健康な状態に。

ツボを刺激して、気や血の流れをスムーズにしてあげると、体の調子は整えられます。

身体のツボは、骨や関節部分などの位置に多く存在します。

例えば背中であれば、以下のような部分に存在します。

  • 背骨
  • 肩甲骨
  • 骨盤

効果的なツボ

ツボを押すことよって得られる効果は様々です。

その他にも美肌効果が期待できるものもあれば、ダイエット効果のあるツボもありますし、これからご紹介するバストアップ効果的なもツボもあるのです。

ツボ押しに必要なものは手だけで、道具などを用意する必要はありませんし、どこでも簡単に行えることができます。

バストアップするためにはどんな方法でも継続して行わないと意味がありません。

その点、費用が掛からず手軽に行えるツボは魅力的なバストアップ方法と言えますね。

ツボ押しがバストアップに高い効果が期待できる理由としては、まずは乳腺の発達を促し、女性ホルモン分泌をアップさせるからです。

血液やリンパの流れがよくなると、スムーズにバストに栄養が行き届きやすくなるのでバストは成長しやすいです。

また代謝アップにも効果的です。ツボを押すと女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が促進するだけでなく、血液やリンパの循環がよくなります。

リンパや血液の流れがスムーズになると、新陳代謝、基礎代謝はアップしていきます。

すると肌のたるみは改善され、肌のハリ、弾力が蘇ってきます。

ハリや弾力がなくなったバストは垂れやすいですので、下垂防止にも効果があります。

バストアップに効果的なツボ


バストアップに効果的なつぼは?

ツボは全身に何百種類もありますが、その中でも特にバストアップに効果的なツボ10種類を説明していきます。

  1. 神封(しんぷう)
  2. 中府(ちゅうふ)
  3. 壇中(だんちゅう)
  4. 屋翳(おくえい)
  5. 天渓(てんけい)
  6. 関元(かんげん)
  7. 渕腋(えんえき)
  8. 膺窓(ようそう)
  9. 輙筋(ちょうきん)
  10. 乳根(にゅうこん)

それでは、1ずつ見ていきましょう。

ツボ①【神封(しんぷう)】

神封(しんぷう)

神封は、バストアップ効果の最も高いツボと有名です。

女性ホルモンのエストロゲン分泌を促進する働きがあり、乳腺発達を促進してくれます。

場所は谷間から見て乳頭の手前指2~3本くらいのところにあり、骨と骨の間のぺこんと凹んだ部分です。

親指にしっかりと力を当てて、1回3秒程度を左右それぞれ3回ずつ行うとよいですね。


ツボ②【中府(ちゅうふ)】

中府は大胸筋のリンパの流れをスムーズにして、バストにハリ与えることができるツボです。

バストアップはもちろんですが、乳腺炎の改善や気管支炎予防にも効果的。

また肩こりにも効果が期待できますし、呼吸機能を高める働きもあります。

親指以外の4本の指の腹を揃えて、8の字でマッサージをしていきます。


ツボ③【壇中(だんちゅう)】

壇中は神封と同じように、女性ホルモン分泌を活性化させる働きがあります。

女性ホルモンの分泌がしっかりと行われることで、乳腺発達につながりバストアップできるのです。

左右の乳頭をまっすぐ結んだラインの真中に位置し、指で軽く押すと痛いと感じる部分になります。

親指か人差し指と中指を当てて、上から反対側の指を重ね3秒程度力を入れながら押していきます。


ツボ④【屋翳(おくえい)】

屋翳は血行促進に効果があります。

バストの血行がよくなると、栄養やホルモンがバストに届けられやすくなるため、バストアップにつながります。

また新陳代謝がアップするので、ダイエットにも有効です。

女性ホルモンのエストロゲン分泌も促進されるので、女性にとっては覚えておきたいツボですね。

乳頭の縦ラインにあり、乳頭の上側に位置しています。指で軽くゆっくりと3秒程度押すようにします。


ツボ⑤【天渓(てんけい)】

天渓(てんけい)

天渓はバストの脇と肋骨と肋骨の間に位置し、乳頭の上部にあります。乳腺を刺激につながるため、ハリ、弾力のある美バストへと導いてくれる働きがあります。

左右を同時に押し上げるように下から上に向かってバストを持ち上げます。


ツボ⑥【関元(かんげん)】

へその下、指3本分ほど下がった場所にあり、体全体の調子を整える作用があります。

特に生理痛、生理不順など婦人科系の調子を整えてくれるので、女性にとっては覚えておきたいですね。

両手の人差し指、中指の3本を重ねるように置いて、息をゆっくりと吐きながら弱く押していきます。押さえては緩めるという動作を2分程度続けていきます。


ツボ⑦【渕腋(えんえき)】

渕腋(えんえき)

血行促進効果があり、バストにハリ与えてくれる渕腋は乳頭から10cm程度外側のワキの下にあります。

押すと痛みがある第3肋骨と第4肋骨の間に位置しており、親指でゆっくりと押していくと効果があります。

血行がよくなるとホルモンや養分がしっかりとバストに運搬されるので、バストのハリ、弾力がアップ。アンチエイジング作用も期待できますよ


ツボ⑧【膺窓(ようそう)】

膺窓は乳頭の縦ラインの上、鎖骨と乳頭の真中に位置しています。

バストの血行促進や乳腺発達、女性ホルモン分泌の活性化などトータル的なバストケアを行うことができます。

また母乳の出がよくなるツボとしても有名ですので、母乳育児をしている授乳中の女性は覚えておきたいですね。人差し指と中指を揃えて軽く押すと効果があります。


ツボ⑨【輙筋(ちょうきん)】

輙筋はワキの下指1~2本の位置にあり、リンパの流れをスムーズにする作用があります。

また女性ホルモンのエストロゲン分泌を促進させたり、呼吸器の症状緩和の作用があったりします。

風邪や喘息などで呼吸が苦しい時に押すと呼吸が楽になることがあります。

人差し指、中指、薬指の3本の指を揃えて胸の方に押していきましょう。


ツボ⑩【乳根(にゅうこん)】

乳根(にゅうこん)

乳根は乳頭部分から指2本分下に位置しており、リンパ循環機能をアップさせてくれます。

また女性ホルモン分泌を活性化することで、母乳が出やすくなるので授乳中のママは覚えておきたいですね。

第5、第6肋骨の間の押すと痛みを感じる部位を、指で3秒程度ゆっくりと押したり、離したりを繰り返します。

その他にもバストアップにおすすめのツボはありますが、まずは正確な位置を把握して刺激していくことが重要です

また継続して行わなければバストアップにはつながりませんので、毎日の習慣として続けていきたいきましょう。


押し方&おすすめグッズ

バストアップを目的としたツボ押しをする場合、いくつかのポイントを押さえておくと指も疲れませんし、よりバストアップに効果的です。

まずは、ツボの押し方について説明していきます。


バストアップ効果を倍増させるツボの押し方

ツボを押す時には、あまり長い時間押すと逆効果になる場合がありますので注意が必要です。

1回3~5秒の長さで3~5回程度繰り返して行うのが理想的。

息をゆっくりと吐きながら押して、息を吸いながら手を離していくというイメージで行うとよいですよ。


朝?寝る前?効果的なタイミングは

バストアップに効果的なツボを押すタイミング

行うタイミングとしては血行が良くなっているお風呂あがりが特におすすめです。

バストマッサージもお風呂あがりなど血行が良くなっている状態で行うとより高い効果が期待できますよね。

それと同じでツボ押しに関しても、体をしっかりと温めて新陳代謝をアップさせてから行った方がGOOD。

入浴中や寝る前などのリラックスした状態で行うもよいですね。

体調が悪い時や、お酒を飲んでいる時などは無理して行わないようにしてください。

食後すぐもよくありません。妊娠中は女性ホルモンバランスを崩してしまう原因になるので行わない方が安全です。

ツボ押しは、ストレス解消にもつながるのでリラックスしたい時などにやるとよいですね。

また自分のペースで無理なく続けていくこともポイントになります。

最近ではバストアップを目的としたツボ押しがブームになっている為、様々な便利グッズが販売されています。

今回はおすすめの便利グッズをいくつかご紹介していきましょう。


ネイルをしている方、力の弱い人でも簡単にできる便利グッツ紹介

まずはマッサージ棒です。ツボを押す時に指や手の平を使って押します。

しかし女性の場合、爪が長い人やネイルを行っている人もいますし、また力を入れて押すのが難しいケースもあります。

そこで自分の指の代わりにマッサージ棒を使用して、ツボ押しをしていきます。

マッサージ棒は細かい部位でもピンポイントに押すことができるので効果的。

さらにバスト以外にも、頭や背中、肩、顔など様々な部位で使うことができるのでおすすめです。

マッサージ棒は小さくて外出先でも気軽に持ち歩くことができるので、いつでもどこでもツボ押しできるのも魅力的ですね。

またツボ押しは体を温めた状態で行うのが最も理想的です。そのため体を温める便利グッズも人気があるんですよね。

蒸気で体を温めてくれるようなシートや、ゆたんぽなどは1つ持っておくととても便利です。

いかがでしたでしょうか。

私たちの体には、押すだけでバストアップに効果てきなツボがたくさんあるんですね。

ツボの押し方やタイミングも少し意識するだけで、得られる効果は変わっていきますよ。

マッサージ棒などの便利グッズを上手く活用すれば、力をあまり入れずにツボを刺激することができるので、継続して続けていきたいですね。


こちらのページを見ている人は以下のページも見ています。


バストアップクリーム 16種類のバストアップクリームが集結!人気商品をチェック バストアップジェル クリームより質感の伸びがよくてコスパの高い人気ジェル!
バストアップサプリ バストアップサプリの効果や副作用など疑問を全て解決 食べ物でバストアップ育乳に効果的な食べ物や簡単バストアップレシピを紹介


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

大人気!
みんなの口コミ体験談



バストアップジェル



バストアップクリーム



バストの基本



バストアップクリームとは?



育乳お役立ち情報



年代別バストアップ



育乳成分の効果効能



バストアップ方法



バストアップサプリ



育乳アイテム



ページ上部へ戻る